2016'10.09.Sun

舌下腺炎で入院してました


長文です。
実はペコさん、水曜から入院してました、、、涙
月曜の夜はなんともなかったのに、
火曜日の朝起きたら、なんだか呼吸が苦しそうになってて。
でも朝散歩も行って普通にウン◯もしてたので、
「逆くしゃみが繰り返してるのかな??」というかんじでスルーしてしまい。
23時ごろ帰宅すると、呼吸が治っておらず、
あちこちで吐いて、オシッコもトイレ以外の2箇所で漏らしてました。
焦ったものの、呼吸苦しそうだけど、出来てないわけではないから緊急性が分からず、
夜間救急に電話して、一応様子見としてたのですが。
3時ごろに、胃液吐こうとして咳き込むながらオシッコ漏らして、身体がすごい熱くなってグターッとしたので、
慌てて夜間救急に駆け込みました。
しかしココがヤブだった!!ほんとに!
短頭種で年齢が年齢だから仕方ない。
前からでしょ?みたいな感じで。
呼吸は仕方ないけど、この胃液はヘルニアかなぁ、バリウムやります?緊急で診るほどじゃないけど、とか。
おいおいどう見ても真っ先に治すの呼吸でしょ?!前からじゃないよ、この24時間でイキナリ苦しくなってるんだよーーと訴えるも、ヤブ医者には分からないとのことだったので、
6時ごろ泣きながら帰宅。
8時半に号泣しながらかかりつけHPに駆け込んだら、
院長がすぐに診てくれて「唾液腺か耳下腺の炎症で膿が溜まって、気道が圧迫されてる。膿を排出させるから大丈夫」とのことで、急いで処置してくれました涙涙涙

ただ原因わかったものの、すぐに治りはしなかったので、入院に。
抗生剤投与したり検査したり。
その間ずっと高酸素室に入ってたみたいです。
上の写真は酸素室内のペコちゃんです。
面会行った感じだと、ペコはそんなにストレスなく個室を満喫してる感じだった、、かな?
まぁ身体がしんどくて、それどころじゃなかったってところなのかな。

それで呼吸がやっと普通になって、
で、まだ膿が完全には無くなってないし、血液検査で炎症の数値もまだ正常にまでは下がってないんだけど、
ペコちゃんぜんぜん病院食を食べないので、
おうちでちょっとでもゴハン食べるほうがいいと思うから退院しましょう、ってことになり、
日曜AMにやっと家に帰ってこれました!!!



おかえりペコちゃん、、、!!!
帰宅後のペコは、ちゃんとトイレでオシッコをして、
オヤツをすんごい食べて、フードは「これあんまり美味しくない、、」って感じで食べなくて、
牛乳をめちゃくちゃガバガバ飲んで、
もっかい自分でトイレ行ってオシッコして、
そんで安心して、スピスピ眠り始めました。
ペコ、、、!
よく頑張ったね!!!!!

ペコのいなかったこの5日間の飼い主の絶望感は、
また気が向いたら書くとして。
とにかくほんとにビックリしたし、
でもがんばって回復してくれたペコにほんとにほんとにありがとうです。
かかりつけHPにも大感謝で、そしてあの夜間救急はホントにゴミだったと思ってます。

早くぜーーんぶ回復するといいなペコちゃん。
あとなぜかなんだかポルチーニ茸みたいな匂いになってるから、
早くお風呂入る許可が下りるといいねペコちゃん。

覚書のためにも詳しく書きました。
舌下腺炎のようで、なぜ急に炎症が起きたか、その原因はCT撮ったけど不明だったのですが、
散歩中などで、異物が偶然飛び込んでしまう可能性もゼロではないし、
腫瘍の可能性も完全否定はできない(けどそれらしいのは見つからなかった)とのことでした。
皆さんの愛犬たちに、万が一同じような症状が起こった時に、この記事が参考になりますように、、 そしてそんな万が一は起こりませんように。

また経過書きます!
応援よろしくお願いします!!!
スポンサーサイト
びょういんなどトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL