2011'04.11.Mon

ラスト3デイズ~すべて彼女のために~

なんだかふと、久しぶりに映画レビューでも書こうかな、と。
なので、とくにオススメとかいうわけではないのですが、
直近に観た映画DVDをご紹介します。

51oc9EhnjtL__SL500_AA300_.jpg
ラスト3デイズ~すべて彼女のために~
イングロリアス・バスターズのダイアン・クルーガーが素敵だったので、
彼女の他の作品が観たくて借りてみました。

と思って観始めたら、
私が観たかったのはダイアン・クルーガーじゃなくてメラニー・ロランだった!ということに、
観始めてから気がつきましたが。。
いや、でもダイアン・クルーガーも注目したい女優さんなのでいいんです。。<ちょっと負け惜しみ風。


まずはネタばれしないところから。
この映画は、”いろんな形の愛”が語られているお話です。
夫婦愛、幼子に対する親の愛、大人になってしまった我が子に対する親の愛、兄弟愛、
総じて言えば、家族愛ですね。
それらさまざまな”愛”が、静かに美しく描かれており、だからこそ強く響いてくるお話です。

併せて、(というかそれより何より?)ダイアン・クルーガーの美しさも必見です!
ただ、、あまりに美しすぎて、、
熱演なんですが、どうも崩れなさすぎ。。
もう少し”幅”を感じられる役を演じているのを観てみたいなぁ・・という気がしちゃいました。
今後の出演作にも期待。



以下は軽くネタばれです☆


これは幸せな夫婦と幼子の3人家族に襲いかかる冤罪のお話なのですが、
誰にでも(もちろん自分にも)起こり得てしまいそうな冤罪なのが、
実に恐ろしいところです。
そういう意味では、すごくリアリティがあるお話・・なはずなんですけど、
ダイアン・クルーガーが美しすぎることによって、リアリティが欠落してしまってます。
果たして、本作にダイアン・クルーガーが適役だったのかどうか、、いまいち判じかねちゃいますね。。

でも面白かったです。ストーリーもテンポが良くて♪
ままオススメ映画です☆

スポンサーサイト
映画・本トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL